キャリアTips

社会人よ、スキルを磨き、そして稼げ!世は大副業時代

世界の富は高度なスキルを持った個人に集中し、稼ぎにくい時代

昔は一つの会社に属し、昇給していけば給料が上がる時代でした。
それが今や、どんなに働いても給料が上がらない、稼いでも稼いでも税金と社会保障費に取られ、
手元に残るお金は微々たるもの、という時代です。

男女共同参画社会
1億総活躍社会
本業では給料が増えないから副業を認める会社が続発

こうしたキーワードは、日々ニュースになり、私たちに働き方についての疑問を投げかけてきます。
本業では給料が増えないからと、転職サイトをのぞいてみたり、
ネットで楽に稼げるらしいと、副業に手を出してみたり。

少し調べ始めて、ちょっと軽く絶望を味わったこと、ありませんか。
私は味わいました。
社会人としてそれなりに仕事をしてきたし、資格も取ったし、スキルもある、と感じていたんですけど、
最近の転職の求人を見た時の「え…これ無理じゃん…」と感じた無力さ脱力さ。

まず、応募資格の欄に「TOEIC650点以上」「プログラミングスキル」との記述。
いや、あるにはあるんです。普通の営業職だとか、経理職だとか。
でもですね、「給料のいい求人」には、必ずと言ってもいいほど、どちらかの条件が書かれている。
昔は、普通に働いて、Excelが出来なくても年収600万とかもらっていたお父さん、いっぱいいたと思うんです。
でも今じゃ、年収600万貰いたければ、読み書き・英語・プログラミングができないと、土俵にも立てないんですね…
こいつは驚きだ。

じゃぁ、副業でもしてみるか、と、ネットビジネスに手を出してみても、これまた難しい。
一度覚えてしまえば大したこと無いんですが、
サイトの作り方・広告の張りかた・Googleの使いこなし方・SEO…
やっぱり、ちゃんと稼げる人って、それなりに勉強して実践してる人達ばかりだし、
そもそもやっぱりプログラミングの概念は必須ですし。

でも、ITの進化って凄まじくて、
仕事のマッチングも、融資を受けるのも、全部ネットでできてしまうんです。
だから、昔に比べて格段に働きやすくなってきてはいるんですけど、
やっぱり仕事のできる個人に仕事が集中するというか、
スキルを披露できない個人にとっては地獄しかないっていう、
両極端な社会、ともいえるなぁと感じるわけです。

もう、ほんとスキルを持った人間が一人勝ちするじゃん。
でも本当にそう?
高度なスキルって言ったって、
プログラミングも英語も、仕事をする上での手段であって、
手段を覚えるのって、よくよく考えたら当たりまえなんですね。
板前さんが包丁の扱い方を覚えるのと同じように、必要だから、習得するんです。
そして習得さえしちゃえば、こっちのもんなんです。
だって、稼げる土台がいろいろできちゃってるから。

稼げる土台が揃いつつある世の中

今、フリーランスで働こうとしたら、ほんと仕事を取りやすい世の中になったなぁと実感しています。
理由はいくつかあるんですが、大まかにいうと、
●クラウドソーシングが普及したから
●ウェブサイトが簡単に作れるようになったから
●個人作家ベースで出品ができるマーケットプラットフォームが充実してきたから
●SNSが当たり前の世の中だから
●マイクロソフトもAdobeもクラウド展開していて、いつでもどこでも仕事ができるから
●決済関連の環境が激変しているから
●学びのwebプラットフォームが充実してきて、ノンプログラマーやノンデザイナーでも、やろうと思えば自分たちでサービスを作れちゃうから

平たく言うと、何かプロジェクトを始めようとした時のコストとリスクが激下がりしているから、です。
今や、月々5000円払ってしまえば、Adobeのソフトが全部使い放題ですけど、
これ、数年前にAdobeのソフトを扱おうとしたら、20万~30万用意しなきゃ買えなかったんですよ。
マイクロソフトだって、今月々1300円ほどで、全ソフト使い放題のサービスがありますよね。

すべてがクラウドになり、すべてが自由になってきてるんです。
今、稼げるスキルが無かったとしても、web上のオンラインレッスンを受けて
その道のプロになる可能性だってあるわけです。
そして、その可能性は、数年前より劇的に上がってると思います。個人的に。

もう、これはやるしかない。
やらなきゃ損、だとも思います。

収入が一つしかない状況に追いやられるのが一番のリスクでは?

ここまで外での収益源が確保しやすくなった世の中の中で、
一番のリスクって、収益源が1本しかないこと、だと感じています。

公務員なんて、その最たるものですよね…
いえ、私は公務員の方々をバッシングしているわけではありません。
私の父も公務員ですし。
でもね、公務員って、絶対に副業禁止なんですよ。
副業がばれた段階で懲戒免職もあり得る、厳しい職業なんです。
だからこそ、安定した働き方、日本国内で模倣となる働き方ができる人気職、なんですけど、
私はこれからの時代の働き方にはマッチしにくい働き方No.1になっていくんだろうなぁ…と感じちゃったので真っ先にその進路を捨てた身です。

だって、こんなに、自分のやりたいことを後押ししてくれるサービスがいっぱい出来てるのに。
使えないのってもったいないじゃないですか。

逆に、もし、自分の会社が副業OKな会社なら、どんどん稼ぎましょう。
社会人よ、スキルを磨いて稼いで、豊かになりましょう。
副業の方法なんて、その辺にごろごろ転がっているので、
社会で働いて培ったビジネス力をいかんなく発揮していけば、大なり小なり稼げるはずです。

まとめ

どんなに節約術を試しても、その努力で貯められるお金は微々たるものです。
お金を貯めれる人間になりたければ、お金を使っても貯めれれるように収入を増やすしかありません。

今、現代に私たちに必要なのは、節約術ではなくて収入術なのです。
そして、その収入を得るための土台は、最近になってやっと整ってきました。
まずはやってみること。

最後に、ピカソの7つの助言をあなたに。

1、必ずできると信じろ
2、限界を超えろ
3、「その時」を待つな
4、動け
5、正しく問え
6、ジャッジせず、隠された美を見ろ
7、遅すぎることなんてない