小説家森美登美彦ファンのための京都の楽しみ方

私が森見氏の小説との出会いは「四畳半神話体系」のアニメからでした。
小説が原作と事前に聞いてはいましたが、
その文学的というか、哲学的なアニメーションの出来と、
ストーリーとして完成された脚本に度肝を抜かれた作品であったのです。

いやぁ、面白かったのである。
最後まで見た後の爽やかさとすっきりさは抜群でありました。

そこから一気に原作者の森見氏のファンに。
そしてたまたま、友人たちとの京都旅行が決行された時に訪れた先で、
アニメの舞台となった土地をめぐる機会がありました。

これがべらぼうに楽しかった。

友人も筋金入りの京都好きです。
そして小説もアニメも好きだったのです。
京都の観光地で大はしゃぎするアラサー手前の女子グループ…
傍から見たらかなり痛いグループでしたが、そんなことも気にならないほどの楽しい時間でした。
その経験から、森見登美彦ファンには是非行ってほしい京都の観光スポットをまとめました。

●下鴨幽水荘のモデルとなったゲストハウス
●幻の亀の子たわしがあると噂の錦町通り
●有頂天家族の下鴨一族が住む下鴨神社
●有頂天家族のバーアケガラスのモデルとなったノスタルジア
●超高級!老舗のすき焼きが食べれる三嶋亭
●有頂天家族の次兄がいる井戸「六道珍皇寺」

森見作品のファンの方には是非とも訪れて欲しい所存…!
聖地巡礼メモも公開中です!