レビュー記事

オーストラリアで海外グローバルWi-Fiを使ってみたレビュー

2016年10月後半から11月初旬の間、オーストラリアに行ってきました。
渡航期間中、グローバルWifiを申し込んでおりましたので、
オーストラリアでの使用感やレビューなどを書いておきます。

今回申し込んだのはおなじみの「海外専用グローバルWiFi」です。
イモトがCMキャンペーンやってますので有名ですよね。



以前、ハワイに行ったときにも利用させてもらい、わりかし良かったので今回もリピート。
内容は以下の通りとなります。

渡航した日付:2016年10月29日~11月4日 実質7日のレンタル
渡航先:オーストラリア 4GLTE(大容量)
料金:端末料金:8,379円
オプション料金:3,385円
受渡し手数料:0円
———————————————
合計:11,764円
オプション内容:モバイルバッテリー、安心補償パックフル、マルチ変換電源プラグ

グローバルWi-Fiの申し込み

申し込みはwebから行いました。
出発日から逆算して、申し込める日程の限度があるのでご利用は計画的に。
オーストラリアへ出発する私の場合、出発日の3営業日前には申し込んでおく必要がありました。
出発は土曜日だったので、その週の月曜日に申し込んでぎりぎりセーフ。

申し込み画面はこんな感じ。
%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%abwifi

※深夜便で出る方は出発時刻の日を選択してください。
受け取りは前日の21時以降となります。、と注釈がありますのでご注意を~~

通信プランが5種類あるのですが、私はブログの更新や写真なんかを取り込んだりするだろうと
思って割と容量でかめのプランにしました。
・3G
・3G 大容量
・4G LTE
・4G LTE 大容量  …1日50M
・4G LTE 超大容量

オプションは3種類あります。
・ライトプラン¥500円/日  …モバイルバッテリー+安心補償パック
・プレミアプラン¥700円/日 …モバイルバッテリー+安心補償パック+携行品補償
・オーダー型
私は当時何も考えず、ライトプランに加入してしまったのですが、
今から考えたらモバイルバッテリーは自前があるし、
補償も、海外旅行保険の付帯したカードを持って行っていたので
要らなかったな~と思いました。そうしたら3,000円浮いていたな…あほだ…
よく考えずぺっぺっぺー、と申し込むと損をするので、皆さんはちゃんと考えて申し込みましょう(苦笑)

申し込んだら申し込み内容がメールで来ますので、あとは受け取りだけです。

グローバルWi-Fiの受け取り

受け取りは羽田空港の国際線ロビーで受け取ることにしました。
その方が楽ですからね。
ところが、困ったことに、羽田空港の国際線ロビーの受け渡し所、
結構分かりにくいところにあるんですよ(;´д`)ゞ

国際線ロビーにエスカレーターで上がってきたら左手側にセブンイレブンが見えるのでそっちの方向へ。

すると、京急線への下りのエスカレーターがあるのでそれに乗って二階へ降ります。

二階へ降りて右斜め直進すると見えてきます。

分かりにくい!
初めて受け取るときはマジで分からなくて受付に電話しました。

グローバルWi-Fiのセット内容確認

受付でセット内容を確認してくれますので、自分が申し込んだ内容と照らし合わせて確認しましょう。

この写真はオーストラリアのホテルで改めて撮ったセットになります。
これだけ入ってると結構重量あるんですよね…重い…
手荷物に入れられるスペースと余裕を作っておいたほうが良さそうです。

グローバルWi-Fiの現地についての使用感

現地に着いたら早速使ってみます。

電源を入れて、端末にIDもパスワードが書かれたシールを貼ってくれているので親切♪
今回、オーストラリアのゴールドコースト、そしてシドニーで使いましたが、
どちらの都市でも電波の状況は非常によく、割とストレスなしで使うことが出来ました。
さすが4G LTE。


コンセントもこんな感じ。
海外で使うには専用のコンセントが必要なんでありがたいです。

通信データ量なんですが、1日50Mあったら十分かな、とは思います。
が!アップルのicloudを使用している人は超注意‼
絶対にicloudのバックアップ設定は切っておかないと、写真2枚くらい携帯で撮った瞬間、使用できるデータ量は消し飛ぶので注意してください。
そこだけ注意しとけば、グーグルマップ、LINE、ブラウザ、Twitter等、1日問題なく閲覧できました。

グローバルWi-Fiの返却について

返却は受け取り以上に簡単です。
国際線から降りて、税関抜けて国内線ターミナルへ向かうJALカウンターに返却ボックスがあります。
そこにポンっと放り込むだけ。返却ボックスなので24時間対応OK♪
もちろん、営業時間内に受け取りをしてくれるカウンター窓口もあるので、そこも利用可能ですよ。
お疲れ様でした。

さて、こんな感じです。
私は海外に行く際は必ずこうしてWi-Fiをレンタルするのですが、
数千円~通信の確保ができるのは本当に魅力です。
海外に行くと、確かにWi-Fiエリアで繋げばいいじゃないか、という意見もありですが、
どこにWi-Fiスポットがあるのか未知数な部分はありますし、
通信手段が無い海外で、強盗にあったりテロにあったりしたら終了のお知らせですからね。
以外に簡単にサービスの利用ができるので、海外へ行く計画があるなら一度検討してみては。

では♪