ハワイでグローバルWifiを使ってみたレビュー

2015年の9月後半、ハワイのオワフ島へ行ってきました。
ホテルではWifiが通っていたのですが、外に出た時用に国内で海外専用グローバルWiFi
を契約して渡航しました。
こちらの会社さんのサービスです。



使ってみてどんな感じだったのか、お値段と釣り合うのか、一通りレビューさせてもらいます。

渡航した日付:2015年9月27日~10月2日 実質6日のレンタル
渡航先:ハワイ オワフ島 4GLTE
料金:端末料金:5,820円
オプション料金(バッテリー代):3,240円
受渡し手数料:540円
———————————————
合計:9,600円

お値段、6日間で約1万円です。
アジア圏内だと6,000円ほどで収まるのですが、やはりハワイとなると少し料金が上がります。それでも、良心的な値段なんじゃないかなー。
少なくとも、打倒なお値段だと思います。

機械の受取と返却はすべて羽田の国際線ロビーを選択しました。
ホノルル空港に到着して、早速セット。
設定は機械に張られているシールに記載された電波を拾って、
同じくそのシールに記載のあるパスワードを入力するだけ。
繋がってからツイッター、ブルームバーグを開きましたが、さすが4GLE。
サクサクと閲覧ができ、まったくストレスは感じませんでした。
割と日本にいる時とさほど変わらず使えます。

バッテリーの持ちが心配でしたが、2日間、外出時つけっぱなしでも電源は持ったので、全然OK。
ハワイ滞在時にはワイキキのホテル周辺をうろうろしていましたが、
その間電波が乱れることもありませんでした。
3日目あたりにトローリーバスに乗って、ダイヤモンドヘッドに行きましたが、そこでもビンビンに電波入ってました。

まぁ、通信料が大きいデータのやり取りが無かったからだと思うのですが…
流石に外で動画を見まくることは避けたほうがよさそうですが、
そのほかのLINEやwebの閲覧、グーグルマップ等は問題なく使えますよ。
今回、パソコンを持ち出してファイルの更新等はやらなかったのですが、
ドロップボックスのデータ更新は、更新するデータの容量によって変わるので実験できていません…
次回来れた時に実験してみようと思います。

ホテルの部屋によっては電波が届かない場合もあるようですが、
滞在期間中、WiFiの無いホテルに泊まるっていう方はこちらの方がお手軽でいいかもしれません。

国際線で帰国した時間内で返却も余裕でした。
最初は飛行機の時間的に厳しいかな、と思ったのですが、23時まで返却受け付けてくれるので大丈夫ですよ~
ただし、場所がちょっと分りにくかった…
受付ロビーのある広いフロアが3階になるのですが、そのフロアにはなく、セブンイレブン横のエスカレーターを降りた2階にあります。しかも隅っこ。
場所だけちょっと確認しないといけないのですが、一回把握したら大丈夫だと思います。

以上、ハワイで海外専用グローバルWiFi
を使ってみた、でした。
アロハ~